事故車買取 タウ

査定に響くのか気になること

車のボディーにキズがある場合は?

砂や風雨、ホコリ等の自然にさらされてできたキズなどは、あまり査定に影響を与えません。
ですが、それより大きなキズの場合は、下手に自分で隠したりすると逆に目立ってしまい、マイナス査定となってしまう場合があるので、何も細工などはせずに査定にだしてしまったほうがいいです。
相手はプロなので、ごまかしは通用しないでしょう。

 

洗車等できれいにしてから査定に出すべき?

買い取ってもらうのですから、車内をきれいにしたり、洗車したりすることは基本です。
車を綺麗にしておくことで、業者に「大切に乗っていた」と思ってもらえます。
最低でも、車内の消臭、車の下回り、ホイール等は綺麗にしておきましょう。

 

車検の有効期間が迫っている場合は?

車検を通してから査定をしたほうが高査定になるのかと思われがちですが、車検にかかった費用を査定の上乗せでカバーしてくれるわけではありませんので、車検が迫っていてもそのまま査定にだしたほうがいいです。
つまり、車検の有効期間が長いことはプラス査定にはならないのです。
逆に短くなればなるほど、査定額はマイナスになるということもあります。