事故車買取 タウ

事故車の買取相場

事故車の買取相場といっても普通は、「事故車になったら、廃車するしかないのでは?」や「価値がほとんどつかないもの」と思われがちです。
しかし、事故車といってもそれが必ずしも走行不能で、フロント部分がつぶれているということではなく、厳密にいえばフロントバンパーだけの修理で済んだような車で、たとえ道路を普通に走っていたとしても事故車といえば事故車なのです。

 

事故車という定義自体が分かりづらいのですが、単に事故を起こしそれによって修理したいわゆる修復歴がある車のことを一概に事故車ということです。
同じ事故車でも本当にひどい事故でボコボコになっている車と、見た目は何ら変わりない車とあるということになります。

 

 

現在の車市場ではこのような事故車というものを買い取る市場があります。
もちろん本当にひどい事故を起こして走行不可能、原形がわからない損傷が激しいものでも買い取ってくれます。
当然、普通の状態の買取金額よりかなり低い金額となりますが、普通なら廃車手数料を払って廃車手続きを行わなければいけないのを事故車でも買い取ってくれるところで売ってしまえばわずかでもプラスになるということです。

 

調べてみても事故車を買い取るというところは多くあります。
普通の自動車買取店や解体業、事故車専門の買取店など様々あります。
はっきり言ってどの業者が一番高額で買い取ってくれるということは一概には言えません。

 

要するに事故車を買い取った後、買取業者がどうやって利益を作るかによって事故車の買取金額が変動してくることになるので、単なる鉄クズにしてそれを売り捌くだけの買取業者はそれほど高くはありませんし、または、更に転売することを目的としていればそれなりに高額で買い取ってくれるということなのです。

 

 

それからそれほど損傷が少ない場合は、「事故車買取」などとうたっていなくても一般の買取店でも買い取ってくれることが多いようです。
もちろん修復個所や傷、へこみなどによってかなり減額しますが、それでもなかなかの金額になる可能性がありますので、堂々と査定などを依頼してみましょう。