事故車買取 タウ

事故車の買い取りと廃棄手数料

自動車の廃棄処分というのは、一生に一度あるかないかですから、多くの人はどれくらい手数料がかかるのか、手続き方法はどうなのかわからないと思います。
廃棄を依頼するにしても、当然有料となるケースがほとんどなので、もしかすると知らないうちに損をするかもしれません。
損をしないためにも、どこが手数料を安く済ませることができるのか、依頼するメリットは何であるのか知識として身につけておくことが大切です。

 

 

車の廃棄手数料はいくらかかるか?

不動車等の廃棄処分依頼先はいくつか挙げられます。

 

ディーラーや中古車販売店

市内など取引可能な距離であれば、無料で引きとってくれることもありますが、一般的には1〜2万円前後の取引手数料がかかります。
また、廃車の書類手続きについても1〜2万円前後ですが、販売店によっては、引取手数料に書類手続きの手数料を含めている場合もあるようです。

 

合計額:
1〜2万円(取引手数料)+ 1〜2万円(書類手続き手数料)+ 5,000円(重量税還付や自賠責保険料の返戻に必要な手数料)

ディーラーや中古車販売店で引き取られた後は?
スクラップ屋さん(解体業者)や廃車の買取り専門業者で廃車という流れになります。
しかし中古車販売店は、 「売る」「修理」がメインで「単なる仲介役」にすぎませんので、廃車にするにはあまりおすすめしません。

 

解体業者

市内など近い距離であれば、無料でも車両を引きとってくれる場合もありますが、一般的に2万円ほどの取引手数料がかかります。
廃車の書類手続きの代行はしていないケースが多いですが、行っている場合、通常1万円ほどかかります。

 

合計額:
2万円(取引手数料)+ 1万円(書類手続き手数料)+ 5,000円〜15,000円(重量税還付手続きの代行)

 

不動車買取業者

  • 車両の手数料は無料
  • 書類手続きは無料

 

次の場合は自動車重量税還付の対象とはならないので気を付けてください。

  • 一時的に登録抹消した場合(一時抹消登録)
  • 海外輸出を目的とした輸出抹消
  • 解体処理を伴わない抹消登録や検査証返納

 

 

ほかにも、行政書士に依頼する場合や自分で廃棄処分を行う場合などがありますが、上記の3つが一般的な廃棄方法です。
特にこの中で買取業者に依頼するのをオススメします。

 

ただ、個人的に不動車買い取り専門業者を検索したり、選別することは難しいので、タウなどオンラインの一括査定サービスを利用するといいでしょう。
査定してもらった上に、売却代金までもらえますので、とてもお得です。