事故車買取 タウ

ローンの返済額が残っている場合、車の買取は可能?

ローンが残っている場合の不動車でも売れるのか?

買取りすることは可能です。

しかし売却できたとしても、ローンの返済金が残る場合もあります。
例えば、ローンが35万円あった場合、35万円以上で売却できれば問題ありませんが、25万円でしか売却できなかった場合、マイナス10万円(ローンが残る)になります。
ここで気を付けたいポイントは、車の名義、つまり所有権が誰になっているかということです。

 

●信販会社や自動車会社の名義・・・一括返済が必要
※車購入時にディーラーなどでローンを組んで車を購入した場合など。

 

●あなたが名義本人・・・一括返済は不必要
※現金で直接購入したり、銀行・農協・漁協などでローンを組んだ場合など。

 

つまり、所有権が自分以外になっている場合は、ローンを一括返済しない限り、所有者(名義)変更の手続きが取れないのです。
では、どうするのがいいのでしょうか。

 

売上金を一括で入金してくれる不動車買取業者で買取ってもらうのがいいでしょう。
一括入金してもらえるので、ローンの返済金に充てることもできます。
ローンの残金を残っているなら、一社ではなく複数の買取業者から査定してもらいましょう。
特に、オンラインの一括無料査定サービスを利用すると、すぐに査定してもらえますので、試してみる価値はあります。

 

そして、査定額が最も高い業者の金額をほかの買取業者に知らせます。
「A社では○万円で買い取ってくれるといっていますが、御社で買取金額を上げてもらうことはできませんか?」
といったように競合させてさらに買取金額をあげていきます。
交渉して金額を上げてもらうのはちょっと・・・と感じる方もいるかもしれません。
しかし、ローンが残っているのであれば、業者と駆け引きすることも大切です。

 

業者としては買取すると儲けになるので、あなたの愛車をなんとしても手に入れたいはずです。
ですので、積極的に交渉して、満足のいく金額で買い取ってもらいましょう。