事故車買取 タウ

廃車する前にチェックしておきたいこと

車を廃車することを決めたら、まずチェックするべきことがあります。

 

廃車手続きには欠かせないものといえば書類。
その大切な書類というと車検証と自賠責保険です。

 

 

車検証でチェックすること

車検証の所有者の確認

車を使用しているのがあなた自身でも、車検証の所有者(名義)が信販会社や自動車販売店になっている場合は、基本的に廃車手続きをすることができません。
※銀行系のローンの場合は所有者はあなた自身ですので、廃車や譲渡の申請はいつでもできます。

 

廃車するためには・・・

  • 残りのローンを一括返済する
  • 残債を他社のローンに組み替える

という手段をとるのがオススメです。

 

車検の有効期限の確認

有効期限を過ぎて公道を走ると違反になってしまいます。
また、陸送にした場合、運送にかかる費用が高くなります。

 

 

自賠責保険でチェックすること

○自賠責保険の有効期限の確認
車検証の有効期限が過ぎていたとしても自賠責保険の有効期間がまだあるのなら、役所で仮ナンバーを申請して公道を走らせることができます。

 

 

抹消登録をどうするか?

廃車するには、抹消登録というものが必要で永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があります。
どちらの抹消登録にするのか決めておきましょう。

 

永久抹消登録

車籍をスクラップや解体によって完全に消すことで、車そのものの価値がなくなった場合、二度と乗らない場合などに登録します。
手続きのときに、解体業者が発行する解体届が必要。
手続き完了後・・・公道で走らせることはできない

 

手続きの場所

普通自動車・・・運輸支局
軽自動車・・・軽自動車検査協会

 

一時抹消登録

単に一時的に車を使えなくすることで、将来また乗るかもしれない、または売るかもしれないという場合に登録する。
手続き完了後・・・公道で走らせることはできない
※中古車新規登録の申請をすれば走らせることができる。

 

手続きの場所

普通自動車・・・運輸支局
軽自動車・・・軽自動車検査協会

 

一時抹消登録を行うと、自動車税や自賠責保険を支払う義務がなくなります。

 

 

早く手続きをすればするほど得をします。
その理由は、自動車税、自動車重量税(永久抹消登録のみ)、自賠責保険が月割りで戻ってくるからです。
なので、廃車を考えているのであれば早めに必要書類を用意しておきましょう。
しかし、廃車手続きを自ら行うとなると、必要書類をそろえたり、時間をとって運輸支局に足を運んだり、何かと面倒です。
また、自動車リサイクル料金、解体費用、抹消登録手続き費用、などの費用がかかってしまいます。

 

価値がないと思われている不動車でも、買取をしてくれる業者が全国にはたくさんあるので、予想もしない金額で買ってくれるかもしれません。
まずは、一度オンラインの一括無料査定サービスを使ってみるのをオススメします。